コミプロ

まんが喫茶の歴史について

マンガは日本が誇る文化と言っても良いのではないでしょうか。
日本のマンガタイトルは世界で比べても格段に作品数が多いです。
マンガは、子供だけでなく大人をも魅了し続けています。
そのため、様々なマンガを読んで楽しむ事ができるまんが喫茶も数多く展開しております。
こちらでは、まんが喫茶の歴史についてご紹介いたします。

普通の喫茶店から始まった

まんが喫茶の始まりは諸説ありますが、最も有力なのが名古屋の喫茶店です。
名古屋でマンガの置いてある喫茶店が大変人気になった事から始まったと言われています。
当初は、飲み物や食事を注文すると何時間でもマンガを読みながら居られる場所だったようです。

しかし、それでは喫茶店経営の採算が取れないという事もあって時間料金制のスタイルに変わっていったようです。
それからマンガブームが一気に広まり、まんが喫茶を求める需要が高まったので、店舗数も爆発的に増え、大手企業もそのビジネスに参入するようになりました。

インターネットカフェとの複合

時の移り変わりにより進化を遂げてきたまんが喫茶ですが、現在にも引き継がれている画期的な形態となったのが、やはりインターネットカフェとの複合だと思います。
簡易の個室にパソコンを設置して誰でも手軽にインターネットを使用できるような空間づくりをした事がキッカケとなり、徐々に様々なサービスや娯楽が増えていったのです。

現在では、マンガの種類が豊富なのはもちろん、個室空間でのインターネット、フリードリンク、映画鑑賞、マッサージ、シャワールームなどの設備も整っている大型のまんが喫茶が数多く存在します。
そんなまんが喫茶などの複合カフェ産業に参戦する方は多く、競争が激しいのも現状です。
閉店を余儀なくされる事もあるのではないでしょうか。

コミプロでは、閉店に伴い大量に処分する事になるコミックの無料査定を行い、買取いたします。
買取った商品は自社で直接販売しておりますので、余計な仲介料などは一切かかりません。
そのため、通常よりも高価買取できると思いますので、まずは一度無料査定をご依頼してみてはいかがでしょうか。

ご質問、お見積り等、お気軽にお電話ください。 086-201-1220
メールフォームからもお問い合わせが可能です。 メールで問い合わせる
トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました